corporate

ゼロスタートが応援するスポーツクライミング日本代表がボルダリングワールドカップのナショナルチームランキング1位、楢崎選手が日本人初の男子ボルダリング年間チャンピオンに


株式会社ゼロスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 山崎徳之)では、2012年よりプロフリークライマー 野口啓代(のぐち あきよ・27歳)選手、2015年より日本代表選手をスポンサーとして支援しております。

全7回で開催されたボルダリングワールドカップ2016は、8月12日-13日に最終戦(ドイツ・ミュンヘン大会)が行なわれました。

男子ボルダリングでは、藤井快(ふじい こころ・23歳)選手と楢崎智亜(ならさき ともあ・20歳)選手が僅差で年間チャンピオンに王手をかけておりましたが、今大会圧倒的な強さで優勝した楢崎選手が日本人初の年間チャンピオンに輝きました。

20160816_楢崎選手ワールドカップ最終戦

最終戦で優勝しボルダリング男子日本人初の年間チャンピオンとなった楢崎選手(C)JMA

20160816_藤井選手ワールドカップ最終戦

ボルダリング男子年間ランキング2位となった藤井選手(C)JMA

 

女子ボルダリングでは、野中生萌(のなか みほう・19歳)選手が他の選手を寄せ付けない強さで今季2度目の優勝、野口選手が3位となり、年間ランキングは野中選手が昨年3位から1ランク上げて2位、野口選手は4位という結果となりました。

20160816_野中選手ワールドカップ最終戦

最終戦で優勝しボルダリング女子年間ランキング2位となった野中選手(C)JMA

20160816_野口選手ワールドカップ最終戦2

最終戦で3位入賞しボルダリング女子年間ランキング4位となった野口選手(C)JMA

 

これにより、ボルダリングのナショナルチームランキングでは2位のフランスに600ポイント以上の大差をつけて日本が1位となりました。

20160816_日本代表ワールドカップ最終戦

ボルダリングナショナルチームランキング1位となった日本代表チーム(C)JMA

 

━【最終戦 ドイツ・ミュンヘン大会リザルト】━━━━━━━━━━━━━━
<男子の部>
1位 楢崎智亜(ならさき ともあ)
2位 チョン・ジョンウォン
3位 アレクセイ・ルブツォフ
4位 ダーフィット・フィルネンブルク
5位 ミカエル・マエム
6位 マニュエル・コルヌ

<女子の部>
1位 野中生萌(のなか みほう)
2位 ショウナ・コクシー
3位 野口啓代(のぐち あきよ)
4位 メリッサ・ル・ネーベ
5位 スターシャ・ゲージョ
6位 ユリア・クルーダー

━【ボルダリング年間ランキング】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<男子>
1位 楢崎智亜(ならさき ともあ) 462pt
2位 藤井快(ふじい こころ) 395pt
3位 アレクセイ・ルブツォフ 372pt
4位 チョン・ジョンウォン 344pt
5位 ラスタン・ゲルマノフ 270pt
6位 ショーン・マッコール 244pt

<女子>
1位 ショウナ・コクシー 560pt
2位 野中生萌(のなか みほう) 446pt
3位 メリッサ・ル・ネーベ 368pt
4位 野口啓代(のぐち あきよ) 352pt
5位 モニカ・レッツィ 236pt
6位 ファニー・ジベール 223pt

━【ボルダリングナショナルチームランキング】━━━━━━━━━━━━━━
1位 日本 1964pt
2位 フランス 1347pt
3位 イギリス 1087pt
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今季ボルダリングワールドカップは、改めて日本選手の強さを世界に見せた大会となりました。そして4戦を残すリード種目、来月フランスで開催される世界選手権でも日本代表選手の活躍が期待されています。

スポーツクライミングは2020年東京オリンピックの追加種目として決定しており、ゼロスタートでは引き続き世界で活躍する野口啓代選手、日本代表選手を支援する形でスポーツクライミングをサポートしていきたいと考えております。

また今後も様々な形で社会に貢献して参ります。

【ZERO ZONEシリーズ製品ご案内】
▼ EC商品検索/サイト内検索エンジン ZERO ZONE SEARCHについて
ユーザの離脱率、放棄率を低下しコンバージョンを最大化するEC商品検索/サイト内検索エンジン。
ECサイトにおける検索で重要とされる「絞り込み」と「並び替え」の設定の自由度・柔軟性を追求した大規模・高負荷に対応したEC商品検索/サイト内検索エンジンです。パッケージとしての安定性と迅速な導入に加えて、実装の柔軟性とカスタマイズ性の高いサイト内検索が実現可能となります。

▼ レコメンドエンジン ZERO ZONE RECOMMENDについて
Webサービス利用者個人に最適化された情報を提供するパーソナライズドサービスを実現するソリューションです。
購買履歴や閲覧履歴、検索履歴などの行動履歴を元にユーザ個々の特徴を把握し、各ユーザにパーソナライズされたオススメコンテンツを表示します。最先端のレコメンド手法によりユーザに新たな「気づき」を提供することで潜在的ニーズを掘り起こし、クロスセルの実現とサイト価値向上・収益力アップが実現できます。

——————————————————————————————————————-
※お問い合わせ・ご相談・御見積は info@zero-start.jp までお気軽にご連絡下さい
——————————————————————————————————————-

●トップ企業ECサイトに採用されているZERO ZONE製品の導入事例
 URL:https://zero-start.jp/case
・株式会社イトーヨーカ堂様運営の「イトーヨーカドーネットスーパー」
https://zero-start.jp/case/iyns
・株式会社ヤマダ電機様運営の「ヤマダウェブコム」「ヤマダモール」「ピーチクパーク」
https://zero-start.jp/case/yamadadenki
・ブックオフオンライン株式会社様運営の「ブックオフオンライン」
https://zero-start.jp/case/bookoffonnline
今後も様々な業界にて大手企業様の導入が続々と続きます。

■ZERO ZONE製品シリーズ一覧
EC商品検索/サイト内検索エンジン 「ZERO ZONE SEARCH」
レコメンドエンジン「ZERO ZONE RECOMMEND」
広告最適化エンジン「ZERO ZONE AD」
効果測定エンジン「ZERO ZONE FEEDBACK」
ビッグデータ検索ソリューション「ZERO ZONE DISCOVER」

■関連プレスリリース
・ゼロスタートが応援するプロフリークライマー野口啓代選手がボルダリングワールドカップ2016の第3戦・第4戦において2大会連続入賞、日本代表初ペア優勝も
https://zero-start.jp/2016/0520/corporate-sponsor-akiyonoguchi-21

・ゼロスタートが応援するスポーツクライミング日本代表がボルダリングワールドカップのナショナルチームランキング暫定1位、ヴェイル大会では藤井選手・楢崎選手が男子の部でワンツーフィニッシュ
https://zero-start.jp/2016/0621/corporate-sponsor-nationalteam-5

・ゼロスタートが応援する南谷真鈴さんがエベレストに続き北米デナリを登頂、7大陸最高峰(セブンサミッツ)を達成し日本人最年少記録を更新
https://zero-start.jp/2016/0708/corporate-sponsor-marinminamiya

・EC商品検索・レコメンド最大手のゼロスタート、自社のスポンサー支援活動をご紹介します
https://zero-start.jp/2016/0721/corporate-sponsor

・ゼロスタートが応援する南谷真鈴さんが帰国記者会見にて世界7大陸最高峰登頂を報告
https://zero-start.jp/2016/0722/corporate-sponsor-marinminamiya-2

・ゼロスタートが応援するスポーツクライミングが東京オリンピック追加種目採用決定
https://zero-start.jp/2016/0804/corporate-sponsor-nationalteam-6

・ゼロスタートが応援するプロフリークライマー野口啓代選手がクライミング・アジア選手権でボルダリング・リード2種目でW優勝
https://zero-start.jp/2016/0810/corporate-sponsor-akiyonoguchi-22

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ゼロスタート 経営企画管理部
pr@zero-start.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━