pressrelease

ECサイト内検索に関する意識調査サイト内検索結果で94%「該当0件」表示を経験「根気よく検索」は5%、「別サイトで購買」は59%


株式会社ゼロスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:山崎徳之、以下ゼロスタート)は、このたび全国在住の500名を対象に、「ECサイト内検索に関する意識調査」を実施いたしましたのでお知らせいたします。
本調査では、直近1ヶ月の間に2回以上ネットで買物をしたことがある⽅を対象に、ECサイト内での検索行動に関して調べたところ、買い物目的でECサイトを訪問した消費者の84%がECサイト内の検索を利用しており、サイト内検索は多くの消費者が実施していることが分かりました。
一方で、目星をつけて辿り着いたECサイトにもかかわらず、79%が「サイト内検索で目的の商品を見つけられなかった」経験を持っていました。また、その場合「根気よく同サイト内を検索する」と答えたのはわずか5%にすぎず、59%が「諦めて別のサイトで購入する」と答え、次に29%が「近くの店舗で購入する」と答えました。
Q. 購入できると目星をつけたECサイト内検索をして商品がみつからなかった場合
どうしますか?(n=500)

さらに、購入できると目星を付けたECサイトでサイト内検索をしたにもかかわらず「該当するものは0件」と表示された経験がある人が全体の94%をしめ、その「該当0件」表記を見た場合の心情は、1位「がっかりする」、2位「他のサイトで探そうと思う」、3位「不愉快になる」という順になりました。

また、ECサイトでの「がっかりしたこと・残念なこと」を聞いたところ、「サイトの表示が遅い」、「サポートが不親切」といった項目を抑えて、1位「商品の在庫が無かった」、2位「探している商品が見つからなかった」、3位「探している商品を探すのに苦労した」といった商品購入の導線に直結する項目が選ばれていました。

これらの結果から、実店舗の棚づくりと同様に、購買意欲の高い消費者をSEOや広告などでサイトまで連れてきたとしても、サイト内検索の精度が低いことで容易にサイト離脱が起こり、購買の機会損失を生んでいることが分かりました。

~調査概要~
・インターネット調査
対象:全国在住の20代~50代の男女500名、「直近1ヶ⽉の間に2回以上ネットで買物をしたことがある⽅」

■「ZERO ZONE」シリーズ製品ご案内
EC商品検索/サイト内検索エンジン 「ZERO ZONE SEARCH」について
ユーザの離脱率、放棄率を低下しコンバージョンを最大化するEC商品検索/サイト内検索エンジン。
サイト内の検索で重要とされる「絞り込み」と「並び替え」の設定の自由度・柔軟性を追求した大規模・高負荷に対応したEC商品検索/サイト内検索エンジンです。パッケージとしての安定性と迅速な導入に加えて、実装の柔軟性とカスタマイズ性の高いサイト内検索が実現可能となります。

■ZERO ZONE SEARCH導入実績一例
・株式会社イトーヨーカ堂様運営の「イトーヨーカドーネットスーパー」
https://zero-start.jp/2013/0424/pressrelease-case-itoyokado

・株式会社カカクコム様運営のレストラン予約サービス「cena(チェーナ)」
https://zero-start.jp/2013/0425/pressrelease-case-kakakucom

・株式会社ローソンHMVエンタテイメント様のエンタメ系総合オンラインショップ「HMV ONLINE」
https://zero-start.jp/2013/0129/pressrelease-case-hmv-2

・株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン様が運営する「GDOゴルフ場予約」サイト
https://zero-start.jp/2011/0907/pressrelease-case-gdo-2

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ゼロスタート 経営企画管理部
pr@zero-start.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━