corporate

ゼロスタートが応援するプロフリークライマー 野口啓代選手が2013年ボルダリング・ワールドカップに出場し、年間ランキングにおいて2位を獲得しました。


株式会社ゼロスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 山崎徳之)が2012年よりスポンサーをしているプロフリークライマー 野口啓代(のぐち あきよ・24)選手が、2013年3月22日より開催されたボルダリング・ワールドカップに出場し、ボルダリングカテゴリの年間ランキングにおいて2位に輝きましたことをお知らせ致します。

■ 2013年ボルダリング・ワールドカップの戦績一覧

3月22-23日 中国大会(重慶) 4位入賞
4月05-06日 フランス大会(ミヨー) 3位入賞
4月26-27日 オーストリア大会(キッツビューエル) 準優勝
5月11-12日 スロベニア大会(ログ・ドラゴメル)4位入賞
5月17-18日 オーストリア大会(インスブルック) 3位入賞
6月01-02日 カナダ大会(トロント) 準優勝
6月07-08日 アメリカ大会(ベイル) 準優勝
8月24-25日 ドイツ大会(ミュンヘン) 9位
詳細リンク:http://www.ifsc-climbing.org/

ゼロスタートでは通勤の負担を減らすための「家賃補助制度」や、自己学習を支援する「勉強手当」などさまざまな福利厚生制度があります。
その一環として健康促進を支援するための「スポーツ振興制度」では、「アウトドア・クライミング部」を設けております。
フリークライミングには各種のジャンルがありますが、特にその中でもボルダリングは年々人気を集めています。

野口啓代選手は2008年に19歳という若さでボルダリング・ワールドカップ・フランス大会にて、日本人女子としては初めての優勝を果たし、続くリード・ワールドカップでも入賞、同年に開催されたクライミング・ワールドカップ オーバーオール部門(リード、ボルダリング、スピードの3種目の総合成績)では初代女子チャンピオンを勝ち取っています。
2005年から開催されているボルダリング・ジャパンカップでは現在まで8連覇を達成するなど、華々しい成績を収めています。

ゼロスタートは日本代表として世界で活躍する野口啓代選手を支援したいと考えております。
また今後も様々な形で社員および社会に貢献して参ります。

■ ゼロスタートとは
ゼロスタートはEC向け商品検索エンジン・レコメンド・効果測定・ビッグデータ検索など戦略的なマーケティングを実現する総合プラットフォーム「ZERO ZONE」シリーズを開発・提供しております。

---------------
■ 関連URL

 野口啓代選手公式サイト
http://akiyonoguchi.com/

---------------

■ ゼロスタートのプレスリリース

・EC検索ソリューションのゼロスタート「ネット&スマートフォン・コマース2013【東京】」にて講演致します
https://zero-start.jp/2013/0906/event-announcement-netsmartphonecommerce-3
・EC検索ソリューションのゼロスタートは10月4日に開催される「MarkeZine Day 2013」にて講演致します
https://zero-start.jp/2013/0904/event-announcement-markezine
・EC検索ソリューションのゼロスタート、「gihyo.jp(技術評論社運営)」にて連載開始
https://zero-start.jp/2013/0829/corporate-media-gihyo
・ゼロスタートは「WebSig1日学校2013~未来のあなたとWebを変える1日~」にスポンサーとして協賛します
https://zero-start.jp/2013/0828/event-announcement-websig-3
・ゼロスタートは「PyCon APAC 2013」にSilverスポンサーとして協賛いたします。
https://zero-start.jp/2013/0724/event-announcement-pycon-2
・ゼロスタートがスポンサー契約中のプロフリークライマー 野口啓代選手がBASE CAMP Rock Festival 2013のオープン戦にて優勝しました。
https://zero-start.jp/2013/0719/corporate-sponsor-akiyonoguchi-2
・EC検索ソリューションのゼロスタート、Francfranc公式サイトにて「サイト内検索」と「レコメンド」が採用されました
https://zero-start.jp/2013/0710/pressrelease-case-bals