pressrelease

ゼロスタート 新世代レコメンドエンジン「zero-zone」をデジタルアドベンチャー社の携帯向け電子書籍サイト「グラ魂書房」へ導入


ゼロスタート 新世代レコメンドエンジン「zero-zone」をデジタルアドベンチャー社の携帯向け電子書籍サイト「グラ魂書房」へ導入

株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ(代表取締役社長:山崎徳之、本社:東京都渋谷区、以下ゼロスタート)は、本日より自社開発の新世代型レコメンドエンジン“zero-zone(ゼロゾン)”を、株式会社デジタルアドベンチャー(代表取締役社長:矢島重比古、本社:東京都港区、以下デジタルアドベンチャー)が運営する電子書籍サイト「グラ魂書房」へ導入を開始しました。

「zero-zone」の導入によりデジタルアドベンチャーは、電子書籍コンテンツの中から個々のユーザの嗜好に最適な情報(「貴方へのオススメ写真集」など)をトップページや購買履歴に表示することが可能になります。レコメンドエンジンにより最適にパーソナライズ化されたおすすめコンテンツ情報は、ユーザに新たな気づきを与えることにより顧客満足度を向上させると共に、購買行動を活発にさせることで収益向上に寄与するものと考えております。デジタルアドベンチャーではレコメンドエンジンの導入により10%程度の収益向上※を見込んでおります。また、今後様々な形態でのレコメンドエンジン導入を進め、ユーザの利便性を高めていく予定です。今後もゼロスタートでは、レコメンドエンジン「zero-zone」 をEC サイト、Web メディアや広告ネットワーク、メールマーケティングなど幅広い分野への提供を強化して参ります。

※当該業務提携によるデジタルアドベンチャー社の当期業績に与える影響につきましては軽微であると考えておりますが、中期的には収益向上に寄与していくと見込んでおります。

レコメンドエンジンとは?

情報化社会における最も重要なWebマーケティングソリューションの1つ。代表的なソリューション使用例としてはAmazon.comなどがある。購買データやユーザーの活動履歴、ブログや商品説明などのテキストデータの蓄積、解析をすることで個人の嗜好性を予測し、ニーズに合致する可能性の高い商品や情報を自動で抽出する仕組み。購買率の高い商品を提示することで効果的なクロスセル(組み合せ販売)を実現すると共に、顧客ニーズの分析やターゲット顧客データの収集などマーケティングデータの抽出に活用できる。また近年では、一般的なECサイトでの利用だけでなく、コミュニティーサイトやメディアの活性化においても活用が進んできている。

レコメンドエンジン「zero-zone」の特長

次世代技術“ベイジアンネットワーク”の採用

従来のレコメンド手法には、1.商品や情報を提供する側の意思が強く反映されたインテンションベース、2.予めカテゴリに分類してルールを定めておくコンテンツベース、3.行動履歴やアクセス履歴を集めて同じ嗜好や行動パターンを持つ集団をグループ化する協調フィルタリングなどの手法がありました。「zero-zone」は、この3つの手法に4.テキストデータを解析してオブジェクトどうしの相関関係を確率的に捉えるベイジアンネットワークを加えたエンジンです。予め個々のオブジェクトどうしの相関度を自動的に割り出す手法を加えたことで、スタートアップの段階から効果的なレコメンドを行うことを可能にしました。

サイト毎の最適化

「zero-zone」は、レコメンドするサービスの特性に合わせレコメンド手法を組み合わせてチューニングしていくことで、精度を向上させて最適なレコメンドを導き出します。

レコメンド手法 特徴
1 インテンションベース 提供側の意思が反映できる
2 コンテンツベース ルールベースで調整可能
3 協調フィルタリング 行動履歴から相関度を分析できる
4 ベイジアンネットワーク 履歴が無い状態でも薦められる

容易な実装作業

ASPモデルのサービス提供によって、クライアントの負担を軽減しつつスピーディな導入が可能です。

多様な実装形態

PC向けWebサイトをはじめ、携帯サイト、Eメールあるいは、ECサイト、メディア、コミニティーサービスなど実装場所を選びません。

近年、Web上にはあらゆる情報が溢れ、ユーザが本当に知りたい情報を入手するためには相応のスキルを要求されつつあります。自分が必要な情報を、もっと簡単に、効率よく手に入れたいというユーザのニーズは今後ますます強くなると考えられます。ゼロスタートは、レコメンドエンジンが幅広い分野で活用できるソリューションであると確信しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ゼロスタート 経営企画部
pr@zero-start.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━